alt5番目

治療方法を探す

ルーペ

男性型脱毛症が皮膚科で治療可能という事がかなり広く知られるようになっており、薄毛治療を行う男性も増加中です。 皮膚科で行う薄毛治療は、フィナステリドといいう元々は前立腺肥大の薬として開発された成分の配合された薬を処方されるというものが基本です。 フィナステリドには、男性型脱毛症の原因である強力な形に変化した男性ホルモンに変化する時に働く酵素の働きを抑えるという効果があるのです。 これにより、今まで抜け毛になってしまっていた毛が残って成長するので髪が増えるのです。 しかし、髪の毛を健康にする効果などは無いのです。 なので、自宅などで育毛サプリメントや、髪に良い栄養素を摂取する事でより健康な強い髪が生える事になるのです。

皮膚科での薄毛治療は全ての皮膚科で行われている訳ではないです。 薄毛治療を行っているところもあれば、行っていないところもあるので、薄毛治療を行う際は自分の行こうとしているところが薄毛治療を行っているかを事前に確認しておく事が必要です。 ほとんどの医療機関において予約は不要で、自由診療なので保険証等も不要なケースが多いです。 最近ではネットで治療を行っている医療機関を検索する事も可能です。 また、薄毛治療をサポートするものに関しては、多くの場合はインターネットで購入が可能です。 育毛サプリメントとして育毛に必要な成分がまとめてある商品もありますし、足りない物がわかっているのであれば単品でサプリメントを購入する事も可能です。