alt5番目

認識の広がり

さわやかなビジネスマン

頭頂部の髪の毛が薄くなってきたり、おでこが広くなってくる現象をAGA、男性型脱毛症といいます。男性型脱毛症という言葉は最近よく聞くようになりましたが、ずっと前から男性型脱毛症のメカニズムは解明されていました。 AGAという言葉が頻繁にマスコミに登場しだしたのは2008年にプロペシアが認可されたことがきっかけとなっています。プロペシアは男性型脱毛症に効果がある特効薬で、それ以前はアメリカ製のものしか手に入りませんでした。今は認知されたおかげで育毛クリニックなどで手軽に手に入るようになっています。プロペシアは飲み続けることで薄毛の進行を予防することができる薬です。飲んだ人のほとんどが効果を実感していて、AGAを克服しています。

店頭にはAGAを克服できるというスカルプ関係の育毛剤が多く出回っています。育毛剤とは、シャンプーをしたあとに使用するもので、頭皮に必要な栄養分を補うことで、発毛環境を整えて抜け毛を予防できるものです。 また、最近は薄毛に悩む女性が増えていて、女性用の育毛剤も多数販売されています。男性用の育毛剤と女性用の育毛剤とでは、まったく成分が異なります。女性用の育毛剤は、生薬などの育毛エキスや、ニンジンエキス、センブリエキスなどの植物から採取したエキスなどを使用していて、地肌を優しくいたわるものが多いようです。 女性の社会進出が当たり前になったいま、男性と同じようにストレスから薄毛になる女性が多くなっています。そうした女性を対象にした育毛剤などのアイテムは今後も増えていきそうです。