alt5番目

髪を作る

髪を入念にセット

 髪の悩みはもはや年輩の男性だけのものではありません。年齢や性別を問わず、多くの方が薄毛の悩みをかかえています。  カツラやヘアエクステなどをつけて薄くなった部分を補おうとする人もいますが、どうしても不自然になったり自毛とのグラデーションがまだらになってしまいます。やはり自分の頭には自分の毛が一番適していて、それを受けていま、自毛植毛というものが主流になりつつあります。  自毛植毛と聞いてもピンと来られない方も多いかと思いますが、要は頭部の髪の毛の濃い部分(うなじ近辺や側頭部)からドナーを採取して、薄い部分に移植していくという形となります。これですと周りの髪との調和も取れ、強くてコシのある髪の毛が育ちます。

 まずは植毛専門のクリニックに足を運び、カウンセリングを受けることになります。最大に尊重すべきは本人の意思ですから、医師は現在の髪の毛の状況や植毛方法、かかる費用や植毛後の予想される経緯について、丁寧に説明してくれます。それで納得すれば日時を決めていよいよ植毛がおこなわれます。  ドナー採取から植え込みまでは時間もかかり一応大掛かりなものとなりますが、局所麻酔をかけるので痛みはほとんどありません。植え込まれた髪の毛は採取前の強い発毛力を有していますので、抜ける心配はありません。  費用は一株いくら、という形で算出しているところが多く、株が増えるごとに割安になっていきます。もちろん保険が利かないのである程度の高額となりますが、生える喜びを得られるのなら決して高くはないでしょう。